脱毛方法の種類

脱毛方法として、誰もが経験したものは自己処理によるものでしょう。カミソリや毛抜きなどを使用する方法です。これは手軽に行える反面、背中など手の届かない部分が行えず、また、カミソリ負けや埋没毛などのトラブルも起りやすくなります。そういう意味では、あまりおすすめはできない脱毛法と言えます。ただ、気づいたときにすぐにできるという点では、他の脱毛法より優れているでしょう。

脱毛

自己処理ではなく、サロンやクリニックで脱毛してもらう方法もあります。サロンで行う脱毛ですが、ほとんどの場合、光脱毛となります。フラッシュ脱毛とも言われるこの方法は、特殊な光を脱毛したい部分に照射させるものです。ただ、医療機関でないため、その光の出力は低く抑えられています。毛根の組織に光でダメージを与えることで、ムダ毛を生えにくくしたり、細くしたりする効果があります。

次にクリニックで行う脱毛ですが、こちらは光脱毛よりも出力の高いレーザー脱毛が主流となります。強い光を当てることで、毛根の組織を破壊するのです。そのため、医師が常駐する医療機関ということになります。どの方法にしても、脱毛は毛周期に合わせて行うため、ある程度の期間がかかりますし、それぞれ特徴があります。自分の都合や体質に合った脱毛法を選びましょう。

〈参照サイト〉脱毛札幌で行えるクリニック

ムダ毛の毛周期

ムダ毛は女性にとってファッションを語る上で、とても邪魔になるものです。せっかく、お気に入りのタンクトップを着ていても、脇や腕にムダ毛があると台無しとなってしまいます。そこで、脱毛を行うわけですが、まずはムダ毛について知っておかなければいけないでしょう。ムダ毛の特性を知ることで、脱毛がより効果的に行えるのです。

毛周期体毛には毛周期というものがあります。生え変わるサイクルです。いくらムダ毛を処理したからといって、次のムダ毛が皮膚の下に隠れていれば、脱毛した数日後にはもうムダ毛が生えてくるという状況になります。つまり、毛周期に合わせることで、効率的な脱毛が実感できるのです。

毛周期は、毛母細胞の分裂から始まります。この時期に新しい毛が伸び始め、成長しながら表面に出てくるのです。これが成長期です。そしてこの毛母細胞の分裂が終わると退行期に入り、ムダ毛は毛乳頭から離れて皮膚の表面へと移動していきます。その後、休止期に入り、毛根は休眠状態になるのです。こういった流れを繰り返しながら、その周期に合わせて、繰り返し脱毛を行うことで、ムダ毛が無くなったり、生えにくくなったり、或いは細くなったりしていくのです。では、次にその脱毛方法について紹介します。

脱毛方法を把握する

脱毛暑い季節になると特に気になるのがムダ毛でしょう。女性にとって、このムダ毛はファッションの大敵とも言えるもの。しっかりと処理して、お気に入りの洋服で着飾るためにも脱毛の知識はしっかりと持っている必要があります。このサイトは、脱毛を成功させるために、それぞれの脱毛方法について説明します。

体毛には毛周期というものがあります。今、皮膚の表面に出ている毛を処理しても、実は皮膚の下には次のムダ毛が準備されているのです。処理しても、次から次へと生えてくるため、途中で諦める人がいるのはそのためなのです。つまり、脱毛は毛周期に合わせて定期的に何度も行う必要があるのです。休止期の体毛にいくら処理をほどこしても効果は見られません。表面に出ている毛に対して、何度も脱毛を繰り返すことでようやく効果がでてくるのです。

その脱毛方法ですが、最も簡単なものとして自己処理があります。カミソリなどを使っての脱毛です。ただ、これは肌トラブルの恐れがありますので、充分なスキンケアを行ってください。また、サロンで行う方法として光脱毛があります。こちらは特殊な光を当てることで、毛根組織にダメージを与え、ムダ毛を生えにくくする方法です。そして、似たようなものとして、クリニックで行うレーザー脱毛があります。こちらは光脱毛よりも出力の高い光を当てますので、毛根組織を直接破壊してしまうものです。このように、脱毛方法によって肌トラブルや、費用、体質、期間などそれぞれに特徴があります。自分に合ったものを選ぶことが重要でしょう。